大工の武田さん

 どんなに小さくてもオイリュトミーのお稽古場が欲しいと思い「屋上になら簡単に小屋ができるのでは?」とまずは素材を見て想像しようと北千束にある「樹のソムリエスタジオ」にふらりと寄りました。すると、話しているうちに私の空想のような「屋上の天空の小屋」から現実的な所へどんどん下ろされて気が付くと家の中の壁と外の壁を壊してしまう大掛かりな改装へと発展しました。今思い出してもその過程には驚きです。
 工事が始まり、やってきた大工さんはたった一人。壁を壊し板を張る作業をほぼ全部一人でされていました。細かい所も繊細に「どうします?」と聞いて下さり、このような経験も知識も無い私には有難かったです。物を作る「手」の存在感にも感動しました。
 ちなみに大工さんは手を動かすまではひたすら思考し、計算、確認したものを「手」によって実現させています。そしてその隣では当時4歳になったばかりの息子があれやこれやと「手」を出し、「手」のやった事の結果を堪能しておりました。大工さんの作業を遅らせた事は間違いありません。

 大工の武田 龍雄さんのHPです。hittp://www.nipper.tokyo

この押入れはトイレに。
壁が消えた
わが息子、大工修行